あがく、アラ50。

いろいろついて行けなくなってきた。けど、なんとかして過ごす日々。

ゆる糖質制限?

f:id:akeyan:20180609112758j:image

隙間時間のささやかなティータイム。
自宅カフェ、なんて感じで。少しはぽいでしょうか(^^;?

グルテンフリー=糖質制限 という考え方も結構ありますよね。
主にダイエット目的の方でしょうかねぇ?
私は、純粋に体調面からグルテンフリー(フリーじゃないけど)を目指していますが、糖質制限とはた、と考えた時に、1日の糖質量がすごいことになっている事に気がつきました;;

甘いもの好き、糖分の入った飲み物も好き。
炭水化物が大好き。
・・・・やばすぎなのでは;;;。
というのも、私は夕方ごろに低血糖の体調不良らしきものを起こすことがしばしば。
低血糖時の対策で乗り切れるんですが、これってやっぱり糖分とりすぎだからだよなぁ、と(ーー;

そもそも、炭酸系ジュースやアイス類が大好きでした。
昔ほどの量ではなくなりましたが、それでもやはり口にはします。
そこに、炭水化物。こちらも糖質量ってかなりなもんですよねー;;;
水分に糖分を添加した飲み物は、消化もしなくていいので、即吸収。それは時によっては必要かもしれませんが、日常生活で必要なことでは決してないはず。
即吸収するということは、血糖値が上がる速度も速いはず。で、これが落ちるのも速いんだとかで、この落差で低血糖を起こすようなんです。だめじゃん;;

調べてみたら、こんなこともわかってきたので、グルテンフリーを目指すと同時に、糖質制限もなんとなく意識することにしました。
とはいえ、甘いものやっぱりやめられないし;;。
なので、せめて砂糖の代わりに「ラカント」。
ずいぶん前から白砂糖はよくない、と聞かされていたので、ここ数年の自宅での糖分はほぼはちみつだったんです。砂糖より血糖値の上昇がゆるやかだ、と聞いたことがあったので。(実際どうかはよくわかってないんですけどね)

そもそも、その時なぜ「はちみつ」だったか、というと、糖質オフ系の糖分(ラカント含む)は、とても癖のある味だったように感じました。後口に変に甘さが残ってそれがとても不快だった記憶があったんです。なので使いたくなかった。
じゃ、ましそうなものは、と思った時の選択がはちみつだったんです。
ただ、はちみつは糖質自体はありますからね。できればもう少し抑えたい。
そう思って、勇気を出して再度ラカントに挑戦。
したらばですね、昔ほど癖感じないです。
そのものを直接なめてはいないので、詳しいところはわからないのですが、少なくともミルクティーにスティック1本入れても味を阻害されることはありませんでした。
(ちなみに、使っているラカントは、砂糖と同じ甘さ、ということでしたので、1本3gでしょうかね)
ふむ、これならいける。しかも持ち歩くこともできる。(まだやってませんけど)
一応、ラカントは、天然甘味料ということでしたしね。体にも優しいんじゃない?と。

とはいえ、摂らないことも慣れないと、なので、紅茶、コーヒーはできる時は糖分を添加しない。ジュース等はどうしても、の時だけ。
でも、アイスやお菓子は少しはOK、としています。(グルテンフリーも、お菓子はOK
としています。意識して少ないものや避けるようにはしていますけどね)

この程度のゆるさなので、なんとか今の所は続けています。だって、糖分摂ってるし(笑)
おかげで体重は減りませんけどね(^^;
でも、まずは意識するところからかな?と思ったり。
できるところから少しでもチャレンジ。
私にはそのくらいのゆるさがよさそうです(^^;;

そうだ。
ちなみに、写真のクッキーは、左の長いものは米粉のクッキーなんです。
右は普通に小麦のクッキー。頂き物はありがたく頂戴します(^^)
沢山食べちゃうといけないな、と思う時は、こうして手元に決めた分だけ出すように。
これでもゆっくりお茶といっしょにいただくと十分でした♪

ま、歳とって食べる量減った、ってだけかもしれないんですけどね(苦笑)